人間ドック受診の頻度

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 人間ドック受診の頻度

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


効果的な受診とするコツ  編

質問 人間ドックは会社の定期健診などに比べ、かなり詳しく調べるので、検査結果が「異常なし」であれば、しばらく受診しなくていいですか?

お答えします

年齢などを考慮しながら定期的に受診を

今回、異常が見つからなかったからといって、これからずっと「異常なし」の状態が続くとは限りません。また、今回は見落とされた小さな異常が、時間とともに大きくなることもあります。人間ドックは、定期的に受けていただきたいものです。

写真

人間ドックを受ける間隔として、私は右図のような計算式を考えています。
50歳以前でも、人間ドックで異常が見つかったら、病状の経過や回復の度合い、合併症の有無を調べるために、それ以後は毎年人間ドックを受けることをおすすめします。
病気の芽は、早く見つけて治療を始めたら完全に摘み取ることも可能です。そのためにも定期的に人間ドックで検査を受けてください。

東京慈恵会医科大学附属病院 新橋健診センター所長
和田 高士(わだ・たかし)
(出典:保健同人社「暮らしと健康」2009年1月号)
2009/06/11 更新

人間ドックを探す

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 人間ドック受診の頻度