子宮頸がんと子宮体がんの検査

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A > 子宮頸がんと子宮体がんの検査

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


施設・検査の選び方  編

質問 子宮頸がんの検査は受けたのですが、子宮体がんの検査は受けなくてもいいのですか?

お答えします

子宮頸がんは2年に1度、子宮体がんは医師と相談して行いましょう

子宮頸がんの検査は、子宮の入り口の細胞を採取するだけなので、検査の痛みがほとんどないうえに、精度も高く、保険適応も受けられる一般的な検査です。しかし、子宮体がんは、子宮の深いところまで検査をするので、出血がやや多く、痛みも伴い、精度も落ちるため、子宮体がんが疑われる人に限って行うのが一般的です。子宮体がんの検査については、婦人科の医師にきちんと相談して、ある程度診断がついた場合に受けるようにしましょう。

ウイメンズクリニック南青山院長
小杉 好紀(こすぎ・よしのり)
2009/03/26 更新

子宮がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  子宮頸部細胞診
  •  子宮体部細胞診
  •  経膣エコー(超音波)
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A > 子宮頸がんと子宮体がんの検査