臨床技師が行う検査

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A > 被ばく量の少ないCT

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


施設・検査の選び方  編

質問 CT検査はどれも被爆量が多いようですが、被ばく量の少ない機械ってあるのでしょうか?

お答えします

一度にたくさん画像を撮影できるCTの機械があります

従来のCT装置では撮影時間が長くかかった分、被ばく量も多かったのですが、MDCTという多列検出器CTでは、X線を受ける検出器が1列から16列や64列などに増えたため、一度にまとめて画像を撮影をすることができ、検査時間も短く、被ばく量も少なくてすみます。精密な画像が必要とされる肺がんの検査などに用いられています。

東京大学医学部付属病院 放射線治療医
加藤 大基(かとう・だいき)
2009/04/09 更新

肺がん検診を探す

受けたい検査をチェック!

  •  胸部CT
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A > 被ばく量の少ないCT