臨床技師が行う検査

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A > 脳ドックの施設選び

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


施設・検査の選び方  編

質問 脳ドックに興味があるのですが、高価なイメージがあり、施設によって検査項目がバラバラで選べません。脳ドック費用の相場があれば教えてください。また、施設は何を基準に選べばよいでしょうか。?

お答えします

日本脳ドック学会推奨の検査項目を含んでいるか、確認しましょう

脳ドックは、内科、神経内科、脳神経外科などの医師が常勤し脳ドックの設備があることを掲げている病院や、一部の人間ドック施設などで受けられます。費用は大体5万〜10万円程度です。
日本脳ドック学会のガイドラインでは、脳ドックの検査は、


●問診(病歴・家族歴など)
●診察(聴診・血圧検査・簡単な知能検査など)
●血液・尿・生化学検査
●心電図
●頭部のMRI
●頭部と頸部のMRA


を含んでいるべきとしています。脳ドックを選ぶときは、少なくともこれらの項目を含んでいることを確認しましょう。
人間ドックと一緒に脳ドックを受けるときは、血液検査や心電図の検査などは省けることもあります。
施設によっては、CT検査や頸部の超音波検査なども行うことがあります。ただ「CT検査だけでMRI検査は行わない」という脳ドックは今や不十分と言わざるを得ないでしょう。
「脳に異常がありますが、放っておいてよいものか、どちらともいえませんね」というような不十分な説明のために、検査を受けた人がかえって不安を強くすることがあります。
そんなときは、ほかの病院のセカンドオピニオン外来を訪ねるか、他院の外来を受診してください。
その場合、脳ドックで撮ったMRIなどの検査写真を必ず借りてください。必要がないのに再検査を受けることは、医療費の無駄遣いになります。検査写真は有料でコピーしてもらうこともできます。
微妙な問題を含む結果について、面接で適切な指導をしてくれる施設を選ぶことが、大切です。
なお心臓にペースメーカーが入っていたり、骨折などで体内に金属が入っている人は、主治医に相談して検査が可能かどうか確認してください。

国家公務員共済組合連合会 立川病院院長 東海大学名誉教授
篠原 幸人(しのはら・ゆきと)
(保健同人社「暮らしと健康」2009年1月号より加筆修正)
2009/06/11 更新

脳ドックを探す

受けたい検査をチェック!

  •  頭部MRI
  •  頭部MRA
  •  頸部MRA
  •  頭部CT
  •  頸動脈エコー(超音波)
  •  安静時心電図
チェックした検査が含まれるコースを探す

※予約の際は、ご希望の検査が含まれているか必ずご確認ください。

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック・検診Q&A > 脳ドックの施設選び