施設によってデータが違う?

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 施設によってデータが違う?

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


結果の見方・活かし方  編

質問 人間ドックによって血液検査や尿検査の結果(データ)が違うのはよくあることだと聞きましたが、本当でしょうか。

お答えします

さまざまな要素に左右されるためデータに誤差が出る

同じ検査を受けても、健診や人間ドックの施設によって血液検査や尿検査の結果(データ)が違うというのはよくあることです。どうして、こんなことが起こるのでしょうか。それは各施設で“検査の標準化”が進んでいないからです。検査の手法や使用する試薬が統一されていないために、検査結果にばらつきが出てくるのです。
施設によって格差があることは、20年以上も前から問題になっており、どこの施設で測定しても、ほぼ同じ結果が得られるように検査の標準化が進められてきました。しかし、どんなに標準化が進んでも“絶対的な数値”は測りにくいといわれています。
たとえば、血液検査の場合は「溶血」が検査の精度に大きな影響を及ぼします。溶血とは、赤血球が壊れてその成分が血清に混じってしまうことで、検査の数値に誤差を引き起こす主な原因とされています。
皮膚消毒のアルコールが蒸発してから注射器の針を刺さなければ溶血を起こしますし、注射器のピストンを引くときに無理に引っ張っても溶血につながります。さらに注射針の太さ、血液を入れる試験管の材質、試験管の運び方なども関係するといわれています。どんなに細心の注意を払っても、溶血を完全に防ぐことは難しいのです。
検査の精度は、さまざまな要素に左右されるため、誤差が出るのはごく普通のことで、検査結果の通知表に記載されている数字は“真の数値”に近いだけで“絶対値”ではありません。まず、このことをしっかり認識しましょう。

東京地下鉄株式会社健康支援センター 所長
鷲崎 誠(わしざき・まこと)
2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 施設によってデータが違う?