様子を見ましょうとは?

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 様子を見ましょうとは?

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


結果の見方・活かし方  編

質問 人間ドックで軽い貧血が見つかりました。医師から「来年まで様子をみましょう」といわれましたが、放置しておいても大丈夫でしょうか?

お答えします

「様子をみる」という言葉は深刻に受け止めない

「様子をみる」という言葉は、医師にとって都合のよい表現なのですが、こんなふうに告げられると、不安になってしまう受診者も少なくありません。「様子をみる」と同じような表現に「経過をみる」という言葉もあります。
これらの言葉のウラには「自分の知識と臨床経験では、これ以上検査をしても治療をするべきかどうかの結論が出せない。費用と時間がもったいないので、放っておこう。来年、もう一度、見直しても手遅れになることはないだろう」といった意味が込められています。したがって、受診者もそれほど深刻に受け止めることはありません。また、途中で調子が悪くなったら、人間ドックの受診日を待つのではなく、速やかに医療機関を受診しましょう。

東京地下鉄株式会社健康支援センター 所長
鷲崎 誠(わしざき・まこと)
2009/01/15 更新

人間ドックを探す

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > 様子を見ましょうとは?