バランスのいい食事とは

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > バランスのいい食事とは

人間ドック・検診|気になるあれこれQ&A


予防  編

質問 健康のためにバランスのいい食事が必要なことはわかるのですが、具体的にはどういう食事を摂ればいいのでしょうか。

お答えします

長い目で見て、調整すれば難しくありません

バランスのとれた食事は、健康を維持するうえで欠かせないものです。本来“栄養バランスのよい食事”というものは、身長・体重・運動量・体質・体調などによって一人ひとり必要な栄養素の量が違うものです。栄養に関する書籍やインターネットの情報などを参考に、自分自身に適した食事内容を考えてみるとよいでしょう。
栄養バランスのよい食事の摂り方を説明するとき、よく4つの食品群の話をします。


第1群 乳・乳製品、卵
第2群 魚介、肉、豆・豆製品
第3群 野菜(きのこ、海藻類を含む)、芋、果物
第4群 穀類、砂糖、油脂

これらを1品ずつ組み合わせるだけでも、ずいぶん栄養素の偏りは減ります。
主食となるご飯やパン、麺類と、肉や魚のメインのおかず、副菜に野菜料理を1品、それからデザートにヨーグルトなどでもいいと思います。例えば、お昼に牛丼屋さんに入ったら、牛丼に卵を付けて、サラダや煮物などの野菜料理を一緒に注文すれば、4つの食品群が摂れるというわけです。野菜はできれば生野菜ではなく加熱したもののほうが量をたくさん摂ることができます。
食事のバランスのとり方について、もうひとつ、「長い目で見る」というコツがあります。
1食の中でバランスのとれた食事ができなかったとしても、1日のうちで帳尻を合わせればいいし、1日で無理ならば1週間で考えてもいいと思います。例えば、夜に焼肉をたくさん食べてしまったら、次の日やその次の日には魚や野菜中心の食事にし、おやつを1日ガマンしてみる、というように調整できるといいですね。負担になって嫌気が差してしまうよりは、できる範囲だけでも続けることが大切です。

杉野服飾大学調理研究室 准教授 管理栄養士 博士(栄養学)
豊満 美峰子(とよみつ・みおこ)
2009/03/26 更新

人間ドックを探す

関連記事

「人間ドック・検診Q&A」TOPページへ

人間ドックのここカラダ > 人間ドック 予約 > バランスのいい食事とは